記事一覧

財務分析における異常値の検証

自分なりの「物差し」をもち、徹底的にその原因を探り経営実態を解明しよう

企業を診る場合、財務分析が有力な手段であることは言をまたないが、企業の目利きにおいては、過去の決算状況の傾向(トレント)から財務内容の検証をする「動態分析」が必須である。動態分析のためには連続する数期分の財務諸表を入手し、そのうえで各勘定残高や損益項目、財務指標等のトレントを分析する。直前二期の比較だけでは十分な把握ができないので、少なくとも三期分のデータを揃える必要がある。トレントの分析にあたっては、「異常値」の有無を徹底的にチェックする。連続するB/SやP/Lを作成すると、各数値の推移動向が明らかとなるが、そのなかで特異な動きを示すものが異常値である。

たとえば、売上高が毎期一〇%前後の上昇基調にあるにもかかわらず、ある期の粗利益率が低下しているような場合は、その期の売上原価の構成要因になんらかの異常が発生した可能性がある。あるいは、「その他流動資産」に常時同額の勘定が計上されている場合には、渋滞資産の存在が疑われる。勘定残高が常時同額ということも、異常値の典型であることに留意しなければならない。このような異常値を発見したら、どのような些細なことでも納得のいくまで内容や原因を究明する。このプロセスが、企業の実態を浮彫りにすることにつながるからである。この際に試されるものが、目利きにあたる審査マンの問題意識、目的意識、プロ意識(当事者意識)である。

異常値チェックの精度を高めるには、自分なりの「物差し」を豊富にもつことが役に立つ。たとえば病院の場合、入院患者と外来患者の診療収入割合、単位病床当りの入院患者数、医療スタッフ(医師、看護師等)当りの患者数、患者当りの医療設備投資額などの基準数値を事前に把握しておけば、より的確な異常値の発見が可能となる。なお、企業の定性的側面の異常性のチェックも大切である。いつも定例的に業況の報告に顔をみせる社長が現れなくなった、金融機関から出向していた財務部長が突然戻ってしまった、経営責任者全員が出払っており訪問しても無駄足となることが多くなった等の事象があれば、企業の決算面に表れていないなんらかの事態の存在がうかがわれる。