記事一覧

融資の五原則

安全性、収益性、成長性、流動性、公共性の五原則のうち安全性と収益性の二原則が特に重要

融資判断における基本原則は「融資の五原則」と称される。安全性、収益性、成長性、流動性、公共性の諸原則がそれである。その意味するところは時代とともに若干変わってきているが、融資判断の鉄則としての位置づけは不変である。なかでも安全性の原則と収益性の原則は特に重要であるが、この二原則は時に対立する場合もあり、バランスのとれた判断が求められる。「安全性の原則」とは、融資は安全かつ確実に回収されなければならないということであり、安全性を軽視した融資は論外である。この原則への適合性は、資金使途および返済財源、保全状況、融資先の信用力といった点からチェックされるが、金融機関全体の観点としては、貸出資産ポートフォリオにおける信用リスクの分散状況も重要である。

次に、融資は適正な利益を金融機関にもたらすものでなければならない。これが「収益性の原則」である。融資の利息収入は金融機関の資金運用益の中核を占め、したがって融資の収益性は安全性と並んで金融機関経営の根幹を成す。たとえ担保フルカバーの融資であっても、融資先の利払いが滞ると金融機関の収益はそれだけ悪影響を受ける。また、企業の信用力が良好であっても取引採算が厳しいものは、資金の運用効率を悪化させる。いずれも収益性の原則に照らすと問題がある。また、融資は融資先の成長に寄与するものでなければならない。これが「成長性の原則」であり、融資先の成長に伴って金融機関との取引も拡大し、結果として金融機関自体にも成長をもたらす。

ただし相応のリスクテイクは必要であり、その点で安全性とのバランスが大切である。「流動性の原則」は、かつての短期融資中心の時代には、資金を短期間に繰り回すことが金融機関の収益向上につながるという意味に解されていたが、現在では、長期固定化するような収益性の乏しい、または収益を生まない非効率融資は排除すべしという意味合いが強い。最後に「公共性の原則」であるが、金融機関の融資業務には、社会の要請に適合した資金配分、法令等への適合性、預金者保護や信用秩序維持との整合性等が求められており、融資の適否は、それらを念頭に置いて判断しなければならないということである。金融機関にとっても、企業としての社会的責任(CSR)が重視される折から、本原則の重要性は一段と増しているといえる。

融資の基本姿勢

返済と利払いの確実性を見通すこと

「融資」とは何だろうか。『新明解国語辞典』(三省堂)によれば、「資金を融通すること」とあり、さらに「融通」の項をみると、「必要な向きに金銭や物資をやり繰りして貸し借りすること」とある。そうすると、資金を必要としている者にそれを貸し与える行為が金融機関業務としての融資ということになり、通常は「貸付」として、期限を定めて返済を約し、かつ、その間の利息支払を受けることを約して行われる。金融機関にとって融資業務は商売の柱である。新しい金融商品が次々に現れ、金融機関の収益に占める手数料収入のウェイトが高まってはいるか、営業年度の当初はつねにゼロからスタートする手数料商売に比べて、融資業務は、その収益源の多くがすでに積み上げられた資産から生み出されるストックペースの商売であり、それだけうま味がある。

もちろん、新しい融資を獲得しなければその収益は先細りとなり、新規融資開拓への営業努力は必要である。しかし、せっかくの融資が焦げ付き、利息収入を生まなくなってしまうと、このうま味はたちどころに消滅し、ただの不良資産となってしまう。ここが融資業務のおそろしいところである。不良資産は、資金を効率的に回転させて収益を獲得しようとする金融機関経営にとって大きな足掴となり、資金繰りに悪影響をもたらし、ひいては信用を失墜させて金融機関を破綻に追い込むことになる。したがって、融資の判断姿勢の基本は、「貸した資金が確実に返済されること」および「融資期間の利息が安定的に受け取れること」の二点を的確に見通すことにある。

たしかに融資も商売である以上、相応のリスク負担が発生することは当然であるが、貸し付けた資金が返済されなくなると、その金額はそっくり金融機関の損失となる。たとえ担保や保証等によって融資の全額が保全されているとしても、利息が入らない状態に陥ると、そこに逸失利益や担保等の管理・換金費用発生による損失負担が生ずる。このような想定外の損失発生は、金融機関経営にとって確実にダメージとなり、それだけ経営体力を弱めることになる。それゆえ融資判断においては、この基本姿勢をつねに意識しなければならない。

ページ移動